埼玉県立越谷東高等学校
           
埼玉県越谷市増林5670-1 TEL 048-966-8566 FAX 048-960-1186
 

お知らせ

サッカー部


不撓不屈
【越谷東高校サッカー部 信念】

『感謝』…多くの人に支えられて今の自分がある。その感謝の気持ちを忘れず、その恩をプレーや態度で示そう。人から応援してもらえるチームに。人が応援したくなるチームに。

『集中』…練習が基本。日々の練習こそが大事。グラウンドの上では厳しさ・激しさ・ひたむきさ・悔しさ・苦しさ・必死さ。100%の状態で取り組もう。

『不屈』…何があっても最後まで諦めない。強い意志と挫けない忍耐力で最後の最後まで貫く精神力。現実から逃げない。成果がいつ現れるかは誰にも分からない。それでも、屈しない。継続は力なり。

【 平成30年 チーム目標 】

  1.新人戦3回戦突破(支部ベスト8)
    ⇒ 1/21 2回戦 vs 不動岡高校
  2.U-18リーグ 東部支部3部リーグ優勝(2部昇格)
  3.総体予選 県大会出場(東部支部代表)
  4.選手権予選 2次予選進出
  

【活動状況】
    毎日16時から18時半ごろまで練習。
    週末は主にリーグ戦や練習試合。
    火曜日と木曜日は朝練習有(7:20~)。
    (春夏期:走力系、秋冬期:筋力系)
    夏休みには合宿実施(7月末)。
【部活状況】
    総部員数 23名
      2年生: 9名
      1年生:12名
      女子マネージャー:1年生 2名
 
    顧 問 2名
監督 阿部 聡太(保健体育)
 
競技歴:浦和仲本サッカー少年団(FC浦和)→浦和レッズジュニアユース→浦和レッズユース→筑波大学。小学6年生時に埼玉県選抜選手に選出される。中学校時代に全国ベスト8、高校時代には全国3位、関東選抜選手選出、大学では全日本大学サッカー選手権2連覇に貢献。サッカーというスポーツに育てられたと自身は考えている。
 指導歴:13年目。ひとりひとりを大切に指導しながらパスワークを主体とした攻撃的なサッカーを目指している。

顧問 戸井田理恵子(国 語)
 サッカー部の母。昨年は、冬に豚汁パーティー、夏にかき氷祭りを主催。部員と監督を共に支えている縁の下の力持ち。
 

日誌

サッカー部日誌
12345
2018/01/14new

サッカー部 蹴球伝説その85 『 試合練習結果 』

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
 1月14日(日)センター試験2日目のこの日に本校グラウンドにて試合練習を行いました。当初の予定では、全4試合の日程でしたが3試合に変更しての実施となりました。結果は、下記の通りです。
   ① 越谷東0(0-0)(0-1)1昌平D
   ② 八潮南0(0-4)(0-5)9昌平D
   ③ 越谷東1(0-3)(1-2)5昌平D
 対戦相手は、先日群馬県代表の前橋育英高校が初優勝で幕を閉じた全国高校ッカー選手権大会に埼玉県代表として出場した昌平高校とあって、部員たちも最初は幾ばかりか緊張していたようでした。昌平のDチームとは言え、技術・判断・スピードとどこを見ても相手の方がレベルは格段に上でした。そのような相手と試合が出来たことで彼らも普段以上の力が出せていたのではないでしょうか。精神的にも大分タフに戦えていたのではないでしょうか。中には、全く反対に試合の最中に圧倒的な実力差を肌で感じ、立ち向かう勇気を失ってしまう部員もいました。たとえ試合練習とは言え、そこまで力を引き出してもらえたり、意欲を失うほどの衝撃を与えてもらえるなんて、私は最高の練習だと思います。今日の試合は、チームとして大きく”変身”できる機会を昌平高校から与えてもらえたと私は思っています。部員達には、今日の試合の中で体感した全ての事を次の練習から活かして欲しいと思っています。そして、今よりも”強く戦える”チームに成長していって欲しいと思います。
 いよいよ来週末から新人戦東部支部予選が始まります。怪我をしている部員、流行りの感染症で体調がすぐれない部員、怪我明けで満足に動けない部員など、チームとしてはベストコンディションにはなっていませんが、今年のひとつめの目標を遂げられるようにチーム一丸となって全力で臨みたいと思います。
顧  問


  【新人戦東部支部予選】
   2回戦 1月21日(日)
      対戦相手:不動岡高校
      会   場:草加南高校
      時   間:14:00キックオフ

19:59 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/01/12new

サッカー部 試合練習のお知らせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
 3学期が始まり、早くも一週間が経とうとしています。学校では、インフルエンザも広まりはじめ、部員には体調管理と未然の感染予防対策を徹底する事を伝えています。
 1月13日(土)は、本校学校説明会となっています。当日は9時半からグラウンドにて練習をしていますので、私達の活動雰囲気が直に見られます。中学生の皆さん、帰る前に少しの間だけ見学に足を運んでみて下さい。
 また、1月14日(日)には本校にて試合練習を行います。新人戦東部支部予選を一週間後に控えての試合となりますので、部員たちも気合いが入っております。こちらもご都合が良ければ、高校選択の参考にどうぞ見に来て下さい。保護者の方々もどうぞお子さんと一緒に足をお運び頂ければと思います。
顧  問

 【1月14日(日)】 試合日程
    ①  9:30~ 越谷東 vs 昌 平(Dチーム)
    ② 11:10~ 八潮南 vs 昌 平(Dチーム)
    ③ 12:50~ 越谷東 vs 昌 平(Dチーム)
    ④ 13:30~ 越谷東 vs 八潮南

23:17 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/01/08

サッカー部 蹴球伝説その84 『新たなスタート』

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
 新年明けましておめでとうございます。本年も越谷東高校サッカー部広報活動を行って参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。
 今年の活動は、4日からのスタートでした。初日は久伊豆神社へお参りに行った後、グラウンドでの練習でした。昨年、U18リーグ3部降格と大変悔しい思いをしました。今年は、なんとしても2部へ昇格という大きな目標を掲げてスタートを切りました。
 2日目の練習では、今年から新たな取り組みとして「練習後におにぎりを食べる」事を取り入れてみました。マネージャーが練習中に用意してくれたおにぎりを練習後30分以内に食べることで筋肉修繕や疲労回復への効果を促そうという試みです。マネージャーは、米がうまく炊きあがるか不安だったようですがとても上手におにぎりが出来上がっていました。この日は、初めてだったので1人1個分しか作りませんでしたが、早速”おかわり”を催促してくる部員もいて、これからが楽しみです。
 3日目の一昨日には、全国高校サッカー選手権大会準決勝戦を埼玉スタジアムに観戦に行きました。部員たちは、試合よりも早めに集合し、トレーニングをしてからの観戦でした。よく見ているとトレーニング後に持参したプロテインを飲んでいる部員がいました。昨年より行ってきた練習後に栄養補給をする習慣の効果が見られ、彼らの小さな成長を感じられました。この日は、第1試合が流通経済大柏高校(千葉)対矢板中央高校(栃木)、第2試合が前橋育英高校(群馬)対上田西高校(長野)でした。勝ち上がりの結果、決勝戦は流通経済大柏高校(千葉)対前橋育英高校(群馬)となりました。部員達には、見習うべきものが多く、見たものすべてを吸収して帰って欲しいと思いました。また、試合後にはスタンドの清掃活動を少しばかり手伝ってから帰りました。私も長年役員として全国大会に携わってきましたが、最後の清掃活動がとても大変な作業でした。ですので、自分達はお客さんではなく、何か自分が役に立てることはないか、またいつか自分達がこうした場に立てる様な事があれば、その陰には多くの人の支えがあって立てている事を忘れない為に部員には手伝いを行わせました。
 4日目の昨日は、『冬休み課題を終わらせる日』でした。課題がすべて終わった者からこの日は終了。予定表には、はじめからありましたので「計画的に」進めていればなんら難しい事はないのですが・・・そうはいかないのが部員たち。9時から始まって午前中の間になんとか半数近くが終わり、最後まで残ってやっていたのは16時までかかっていました(笑)これで、なんとか冬休み最終日の前日に全員が課題を終える事に成功しました。
 そして、冬休み最後の日の今日は、全国高校サッカー選手権大会決勝戦。大前元紀選手以来10年振りの優勝を目指す流通経済大柏高校と昨年の雪辱を果たしたい前橋育英高校との対戦が今から楽しみです。どちらも関東の学校なのでスタンドが満員になるのではないかと不安ですが。
顧  問

07:23 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/12/30

サッカー部 蹴球伝説その84 『 Last day 2017』

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
 12月30日(土)平成29年のサッカー部活動も最終日を迎えました。この日は、朝から校内施設の主に私たちが使用している場所を大掃除しました。屋外の施設ばかりで授業でも使用する場所もありましたので、部員たちはかなりの重労働だったようですが1年間の感謝の気持ちを込めて丁寧に清掃・整理整頓をさせました。大掃除の最後にグラウンドへ塩化カルシウムを160袋撒いて終了しました。気付けば作業を始めてから4時間が経っていました。
 サッカー部は、これから少しの間休みに入ります。まずは、各々今年1年間を振り返る時間を作ること、そして来年に向けて気持ちを作って新たなスタートを切れる様にしてくることを話しました。それから学年ごとに来年に向けての話もしました。当然、課題の方も計画的に進めておく様にと強く強く話しました(笑)私自身もサッカー部において今年を振り返ると、今年は色々な出来事があり、最後まで落ち着かない1年だったなという印象です。ですが、ここまで大きなこともなく、彼らが無事に1年間を過ごすことが出来た事は良かった事なのかなとも思っています。来年はどのような1年になるのか、今から楽しみです。また、わずかな休息期間ですが、この期間に家族との時間も大切にしなさいという話も彼らにはしました。
 新年は、4日からの始動です。他を見れば、今日から全国高校サッカー選手権大会の開幕です。昌平高校には、埼玉県代表として、是非全国の舞台で存分に活躍して頂きたいと心から応援しています。一方で、のんびりと休んでていいのかという気持ちもありますが、私たちは私たちらしく歩んで行きたいと思います。
 長くなりましたが、本年も一年間皆さんには大変お世話になりました。保護者の皆さんをはじめ、多くの方々に支えられ励まされて、今年も無事に終える事ができました。本当にありがとうございました。来年も、越谷東高校サッカー部をどうぞ宜しくお願い致します。皆さんも、お身体にはくれぐれも気を付けて、どうか良いお年をお迎えください。
顧  問

【部員で塩カルを撒いたホームグラウンド】

16:23 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/12/29

サッカー部 蹴球伝説その83 『winter cup2日目 』

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
 12月29日(金)前日に引き続きwinter cup2017に参加してきました。本日の対戦相手は、庄和高校と蕨高校でした。本校は、この日も前後半で出場選手を総入替えで挑みました。結果は、以下の通りですが2日間を通して感じる事は、短い時間の中で自分たちで集中力を高めて力を発揮する事が下手だという事です。実際の80分試合では、前半や後半の立ち上がりによく失点をしてしまったり、20分や60分を過ぎた辺りでミスが増えてくることもこうした点が原因で起こる事だと言えます。試合時間の経過や相手の調子に関わらず、自分たちでコントロールできる力を身につけて欲しいです。また、前半と後半で比べるならこの2日間合計4試合の内、前半だけで3得点2失点、後半だけで無得点5失点。これは明確に前半のメンバーと後半のメンバーの力の差だと言えるでしょう。これから1月に行われる新人戦に向けて、チーム内での”競争”にもより一層向上心を持って取り組んでもらいたいです。
  1試合目 vs庄和高校 0(0-0)(0-1)1
  2試合目 vs 蕨 高校 1(1-0)(0-0)0 【得点者】小笹青玖(1年)
 明日は、年内最後の活動日となり、毎年恒例の大掃除とグラウンドへの感謝の日となります。
顧  問








16:21 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/12/29

サッカー部 蹴球伝説その82 『winter cup1日目』

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
 12月28日(木)winter cup2017に参加しました。この日は、松伏高校で2試合行いまいした。今大会ルールでは交代自由ですので、私たちは前後半で全員が交代し出場する形式を取りました。試合結果と試合の模様は以下の通りです。どちらの試合も失点が多い事、まだまだボールを中途半端な形で失う場面が多い事が課題として残った2試合でした。問題点はいくつもありますが、やはり”相手がやろうとしていることをさせない視点”、”周りを見て状況に応じた判断がしっかり出来ていない点”が薄弱です。
   1試合目 vs松伏高校 0(0-1)(0-2)3
   2試合目 vs草 加Jr  2(2-1)(0-2)3 【得点者】髙橋大地(1年)北條暖都(1年)
顧  問





07:31 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/12/27

サッカー部 蹴球伝説その81 『引退試合&豚汁PARTY』

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
 12月27日(木)本校グラウンドにて3年生引退試合を行いました。当日は、卒業生にも声を掛けて50名近くで半日下記日程で試合を行いました。どの試合も熱のこもった好試合でした。後輩たちも自分たちが上達した姿を見せる事ができたのではないでしょうか。また、3年生はこうして皆が顔を揃えてオールコートでサッカーが出来るのもこれが最後だという事で大変楽しそうにサッカーをしていた姿が印象的でした。
  ①Aチームvs3年生(25分)②1年生vsOB(20分)③2年生vs3年生(20分)
  ④2年生vsOB(20分)⑤1年生vs3年生(20分)⑥1,2年生vs3年生,OB(25分)
 お昼からは、午前中にサッカー部のお母さんとマネージャーが用意してくれていた豚汁とおにぎりを皆で食べながらBINGO大会で盛り上がりました。私も豚汁とおにぎりを頂きましたが、サッカー部の豚汁は生姜の効いた特製豚汁で食べると身体の芯から温まります。おにぎりは、マネージャーが一生懸命に握ってくれました。どちらも最高に美味しいものでした。
 顧問をしていると多くの生徒と出会い、そして巣立っていきます。でも、今日来てくれたOBのように時々顔を見せに来てくれることは大変嬉しい事です。中には、松葉杖をついて来てくれたOBもいました(笑)現3年生たちにも、今後もこうして皆が集まれるような仲であって欲しいと思うと同時に、これから先も彼らが再び足を運びたいと思えるようなサッカー部であり続けたいと思いました。本日、お越し頂いた保護者の皆様には大変有り難く思います。今後とも越谷東高校サッカー部を宜しくお願い致します。
 最後に、朝からずっと立ちっ放しで彼らのために豚汁やおにぎりを用意してくださった”お母さん”、どうもありがとうございました。何から何までお世話になってしまいましたが、息子たちだけでなく、まだ未熟な娘たちもとても頼りにしています。どうか今後とも温かく見守り続けてください。宜しくお願いします。御馳走様でした。
顧  問

【引退試合後の1ショット】

<明日と明後日の予定> WINTER CUP 2017
 【会 場】 県立松伏高校
 【試 合】 28日①12:10 vs松伏高校 ②14:50 vs草加Jr(中学生)
        29日①10:50 vs庄和高校 ②13:30 vs蕨高校

16:23 | 投票する | 投票数(12) | コメント(0)
2017/12/23

サッカー部 冬季休業中活動予定

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
 冬休み中の活動予定を掲載させて頂きます。部活動見学をお考えの中学3年生の皆さん、また保護者の皆様には参考にして頂ければと思います。急遽予定が変更となることもありますのでご注意ください。
顧  問

 12月23日(土) U18リーグ順位決定戦 vs三郷工業技術高校(三工技G) 9:00
 12月24日(日) 練習9:00
 12月25日(月) 練習9:00
 12月26日(火) 練習9:00
 12月27日(水) 三年生送別試合
 12月28日(木) winter cup(松伏高校G)
 12月29日(金) winter cup(松伏高校G)
 12月30日(土) 大掃除
  1月4日(木) 蹴り初め
  1月5日(金) 練習9:00
  1月6日(土) 全国高校サッカー選手権準決勝観戦(埼玉スタジアム2002)
  1月7日(日) 宿題終わらせる日(終日)
  1月8日(月) 全国高校サッカー選手権決勝戦観戦(埼玉スタジアム2002)

12:00 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2017/12/17

サッカー部 蹴球伝説その80 『 RESPECT 』

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
 2学期期末考査も終わり、今年も冬休みが徐々に近付いてきました。12月16日(土)U16リーグの順位決定戦が行われました。東部支部2部A・Bリーグ8位同士の対戦で15位16位決定戦でした。対戦相手は、春日部工業高校の1年生でしたが結果は、8(5-0)(3-0)0で勝ちました。U16リーグ最後の試合を勝利で終える事が出来てなんとか『無勝』を免れたという形でした。
 結果だけを見れば大変よくできた試合でしょう。また、ゴール場面も狙いとしている形から獲れていたり、個々の良さから生まれたものでしたので「意識的」に作り出せていたものだと思います。ですが、肝心の中身に関しては雑なものでした。1月前に個々に示した課題は、依然改善されぬままこの試合でも同じ過ちを繰り返し、チームとしてはあまりにミスが目立つ攻撃の繋ぎ、守備においては相手からボールを奪おうという積極的な守備がほとんど見られない。失点はありませんでしたが、自分達から守ったと言うよりも相手がミスをして良い形で攻め切れなかったり、判断が悪くてボールを失っているという感じでした。決して考査明けによるコンディショニング不良が原因ではありません。『自分達でコントロールする力』がただ不足していることによるものです。これは、東部大会最終戦でも同じような事が起こりました。
 また、この日は30分の試合練習も行ってもらいました。この試合はそれ以上に良くないものでした。連携やチームワークと言うものではなく個々人がただやりたいようにボールを扱っている、そんな印象でした。
 つい先程、クラブワールドカップの決勝戦が終わりました。欧州王者のレアルマドリードが南米王者のグレミオを下して2連覇を達成。レアルは圧倒的な攻撃力で終始攻め続けていました。グレミオも堅い守備とチームスタイルである持ち前の運動量でレアルの攻撃をゴール一歩手前で阻止し続けていました。どうして人は、彼らの試合に魅了されるのでしょうか。私的見解ですがそれは、そこに『本気』同士の競い合いがあるからです。本気で攻めてくる相手を本気で止める。本気で止めにくる相手を本気で突破する。上手なだけのプレーならそこまで人は惹きつけられないでしょう。どうしてレアルはあれ程までに強いのか。それは、『規律』と『自由(判断)』がチームの中に(選手一人ひとりの中に)確立されているからではないでしょうか。華やかなプレーの陰に隠されているチームワークを見習って欲しいと、決勝戦を見終えた今、強く思います。
顧   問

04:31 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2017/11/25

サッカー部 蹴球伝説その79 『 TEAMWORK 』

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
 2017年11月25日(土)この日は、記念すべき日になりました。Jリーグの浦和レッズがアジアチャンピオンに10年振りに返り咲いた日です。本当におめでとうございます。昨年のクラブワールドカップでは、開催国王者として鹿島アントラーズが参加。決勝戦ではレアルマドリードとの大熱戦を演じていたのが記憶に新しいです。今年のクラブワールドカップには浦和レッズがアジア王者として参加します。今大会ではどんな試合が観られるのか、今からワクワクします。
 日本サッカー界にそんな偉大な出来事があった同日に東部支部大会第3戦が行われました。対戦相手は、開智未来高校でした。結果は、4(0-1)(4-0)1で勝ちました。これで通算2勝1分けとなり、リーグ1位でこの大会を終える事が出来ました。
 第1戦の宮代高校戦に臨む時に生徒に話をしましたが、この大会では「結果」にこだわりはありません。それよりも「試合の取り組み方」にこだわる事を重要視させました。そうした点で、この日の開智未来高校との試合は最悪でした。この日も同じ様な失敗を繰り返し、それをチームとして改善しようという姿勢が見られない。いつまでも誰かに頼っている無責任の塊。言われたから仕方なくやる主体性のない集まり。この2週間、全国高校サッカー選手権県予選の準決勝と決勝戦を観戦し、様々なものを実際に目で見て耳で聞いて身体で感じて多くを学んで来られたはずです。それらを自分達のサッカー生活に活かす事が出来ない。これでは、いつまで経っても上手くなるはずもありません。いつまで経っても強くなるはずもありません。いち早く、きちんと『スタートライン』に立てるよう自律しなくてはなりません。
 来週から2学期期末考査前の試験勉強期間に入ります。しばらくの間、活動は休息となりますが、今年も残りあとわずか。来年に向けて良い形で最後の月を締めくくれるといいです。
顧  問

【東部支部大会結果】
11月3日 vs宮代高校 4(3-1)(1-0)1 勝
<得点>小笹青玖(1年:越谷光陽中)髙橋大地(1年:越谷平方中)
      川上宗真(1年:春日部中野中)堀越啓汰(2年:越谷大相模中)

11月18日 vs久喜工業高校 5(3-1)(2-4)5 分
<得点>池田浩人(1年:草加両新田中)髙橋大地(1年:越谷平方中)
      北條暖都(1年:越谷日平方中)川上宗真(1年:春日部中野中)野村一希(2年:越谷富士中)
11月25日 vs開智未来高校 4(0-1)(4-0)1 勝
<得点>北條暖都②(1年:越谷平方中)池田浩人(1年:草加両新田)小堺隆生(1年:越谷西中)

通算戦績: 2勝 1分 リーグ1位  

23:07 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
12345

お知らせ

<インターハイ予選東部支部予選組み合わせ決定>

インターハイ埼玉県予選東部支部予選 一回戦
4月29日(水) 14時キックオフ vs 三郷工業技術高校 (@白岡高校G)



<4月19日(日)u-18リーグ第2節結果>
 4月19日(日)杉戸高校にて、u-18東部E2Bリーグ第2節vs杉戸高校との試合がありました。結果は、0(0-1)(0-2)3で敗れてしまいました。これで、通算成績は1勝1敗となりました。
 内容の方は、1試合を通して「我慢」の多い試合でした。前半は特に守備での我慢を強いられました。相手の動き出しの速さと空中戦での競い合いに防戦一方となる展開でした。失点の場面も、分かっていながらもやられてしまった場面でした。後半は、得点チャンスを作り出す事ができるようになりました。うまくパスを繋いでゴール前までボールを運べた事が増えました。相手ペナルティエリア深くまでボールを運べた場面が4、5回ありました。GKとの1対1の場面も作れました。それでも得点には至りませんでした。逆に、ボールの悪い失い方からのカウンター攻撃を受けて2失点をしてしまいました。
 前半は、なかなか攻める事ができずに守る事が多かった。後半は、攻める事もできるようになったが、反面守備の準備の悪さが目立ってしまった。
 さすがに上のリーグのチームは、そう簡単にはいかないなと思わされた試合でした。
 最後になりましたが、本日も会場まで足を運んで下さり生徒の応援をして下さった方々、誠にありがとうございました。また次回もどうぞ宜しくお願い致します。
                                                                                            顧  問



<4月5日(日)u-18リーグ第1節結果>
 4月5日(日)杉戸高校にて、u-18東部E2Bリーグ第1節vs越谷南高校との試合がありました。結果は、2(1-0)(1-1)1で初戦を勝利することができました。リーグ昇格後初勝利です。
 こちらに何度か記載させて頂きましたが、今年度から東部支部2部リーグに昇格し、全試合が自分たちよりも格上の相手となります。それでも、私たちの目標は2期連続でのリーグ昇格。来年度は、東部1部に名前があることです。
 試合内容は、決して良かったとは思いません。思うようなパスを繋ぐ攻撃はほとんどできなかったからです。単純なミスが多く、ボールが落ち着かなかった事、相手選手背後への動きが出しが少なく相手DFライン前にスペースが作れなかった事、少ないタッチでのパスワークがほとんどなかった事が原因でしょう。それでも、この試合を勝利できたのは3月末の連戦で身に着けた”強さ”が見られたからだと思います。越谷南高校も何度も得点機会がありました。それこそペナルティエリアに進入した回数はこちらよりも多かったと思いますが、最後まで高い集中力を保って、身を呈した守りができていました。特に後半の半ばにあったゴール5m手前からの間接FKの場面では、3年生宮本直哉(越谷北中学校出身)が至近距離からの相手シュートを顔面で阻止する気持ち溢れたプレーが印象的でした。そして、ボランチながらこの試合2得点の活躍を見せた3年生雨宮一樹(越谷大相模中学校出身)は、仲間のそうしたプレーに自分が応えられたという喜びと嬉しさを渾身のガッツポーズで表わしてくれました。
 彼ら3年生の高校生活最後の年は始まったばかりです。それでも、この試合の1勝というのは私顧問にとっても非常に大きなものです。彼らに自信を持ってもらいたいのです。私たちは”挑戦者”ですが、1戦1戦思い切って試合をしていきたいと思います。
 最後になりましたが、遠く試合会場まで足を運んでくださり、生徒たちへ温かいご声援を送ってくださり本当にありがとうございました。彼らは誰かに見られることに飢えています。人を励ましたり、慰めたりするのはまだまだ下手ですが、人に『ノセられる』のはとても上手です。これからも益々彼らを『ノセて』あげてください。どうぞ宜しくお願い致します。
 次節は、4月19日(日)10時より杉戸高校にて杉戸高校との試合になります。

顧  問



平成27年度u-18東部支部リーグ日程>
 4月5日(日)から11月22日(日)に渡って、平成27年度u-18東部支部E2Bリーグが開催されます。昨年度の健闘により、今年は東部2部に昇格しての戦いです。長期間に渡る全14試合のリーグ戦なので、1試合1試合を大切に戦っていきたいと思います。
 日程は下記の通りとなっております。どうぞ、皆さんの温かいご声援を宜しくお願い致します。
顧  問
   記


  第 1節  4月 5日 対 越谷南高校 12時  @杉 戸高校会場
  第 2節  4月19日 対 杉 戸高校 10時  @杉 戸高校会場
  第 3節  5月10日 対 三工技高校 10時  @越谷東高校会場
  第 4節  5月23日 対 越 谷 西B 10時  @越谷東高校会場
  第 5節  5月30日 対 草加西高校 12時  @三工技高校会場
  第 6節  6月14日 対 不動岡高校 12時  @越谷南高校会場
  第 7節  6月20日 対 春日部共栄 12時  @三工技高校会場
  第 8節  7月12日 対 越谷南高校 10時  @越谷東高校会場
  第 9節  7月19日 対 杉 戸高校 10時  @杉 戸高校会場
  第10節  9月 6日 対 三工技高校 10時  @三工技高校会場
  第11節  9月20日 対 草加西高校 12時  @越谷東高校会場
  第12節  9月27日 対 春日部共栄 12時  @春日部共栄会場
  第13節 10月 4日 対 不動岡高校 12時  @杉 戸高校会場
  第14節 11月22日 対 越 谷 西B 12時  @越谷南高校会場



川口市長杯日程>
 
3月28日(土)から30日(月)までの3日間、第11回川口市長杯川口サッカーフェスティバルに参加します。5チーム5ブロックに分かれて予選リーグ2日間、予選リーグの結果をもとに順位決定トーナメントが最終日に行われます。以下に本校の試合予定を載せておきます。ご参考ください。
                                                               顧  問

    3月28日(土)川口北高校会場
      第1試合 13時    vs 川口青陵高校
      第2試合 15時50分 vs 蓮田松韻高校

    3月29日(日)川口北高校会場
      第1試合 9時半 vs 川口北高校
      第2試合 13時  vs 大 宮高校

    3月30日(月)会場未定
      29日までの結果により決定





<練習試合結果3/27>
 3月27日(金)花咲徳栄高校グラウンドにて練習試合を2試合してきました。
 1試合目は、1(1-1)(0-1)2で負けました。
 2試合目は、1(1-2)(0-0)2で負けました。
 今日の相手は、新人戦東部支部王者。生徒も顧問もいつも以上に気合いを入れて挑みました。さすがに相手のプレッシャーは速く、厳しく、激しく、しつこく、なかなかこちらのやりたいサッカーをさせてもらえませんでした。どこでボールを持ってても次から次へとボールを奪いに来る相手の守備にただただ、ボールを奪われないようにするのが精一杯という感じでした。
 そういう中でも、きちんとパスを繋いで得点できた事。得点までは至らなかったけど、パスを繋いで形を作れた事。相手のプレスを怖がって逃げなかった事。蓮田高校との試合で残った課題(球際の厳しさと競り合い)を改善しようと努力できた事。最後まで全力を尽くして闘えた事。彼らの良さも見られた試合でした。
 2試合とも敗れました。彼らには話しました。スコアだけ見れば、「惜しい試合」だったかもしれないけど、その差は歴然としたものがある。今の越谷東の力は、埼玉県ベスト16には遠く及ばない。と。だから、ここでもう一度日々の練習から自分達を見つめ直して行こうと。インターハイ予選まであと1ヶ月。諦めず頑張ろうと。
 3月28日(土)から3日間、川口市長杯に参加してきます。毎日2試合、彼らにはタフな3日間になることは間違いないですが、これも試練。目標を遂げる為にチーム一丸となって頑張ってきたいと思います。
                                                              顧  問





 
<春休み練習日程>
 
3月12日(木)3年生部員7名が無事に卒業しました。彼らは1年生の9月から翌年の4月まで7人で毎日活動していました。そんな彼らも最後は多くの後輩達に見送ってもらえることができました。皆様、今日までご声援をありがとうございました。
 3月25日(火)より春季休業となります。4月から越谷東高校新入生となる生徒諸君、サッカー部に興味のある人は是非練習に参加してください。見学も可能です。女子生徒でマネージャーを考えている生徒も歓迎します。練習日程は、下記の通りです。ご覧なって都合の良い時に足を運んでください。また、4月から中学3年生になる生徒も大歓迎です。進路選択の参考に練習に参加や見学をしてみてください。
顧  問

    3月25日(火) 9時  本校にて練習
    3月26日(水)10時半 本校にて練習
    3月27日(木) 9時  花咲徳栄高校にて練習試合
    3月28日(金) 川口市長杯(川口北高校会場)
    3月29日(土) 川口市長杯(川口北高校会場)
    3月30日(日) 川口市長杯(会場未定)
    3月31日(月) 休み
    4月 1日(火) 休み
    4月 2日(水) 9時  本校にて練習
    4月 3日(木) 9時  本校にて練習
    4月 4日(金) 9時  本校にて練習
    4月 5日(土) 9時  本校にて練習
    4月 6日(日) u18リーグ東部e2リーグ 第1節 vs越谷南高校(杉戸高校会場)12時
    4月 7日(月) 休み




<u16リーグ順位決定戦結果>
 2月11日(’)建国記念日に、本校にて越谷北高校と行われましたu16リーグの順位決定戦の結果ですが0(0-1)(0-0)1で敗れました。この結果、リーグ昇格・降格という事ではありませんが、来年度のu16リーグ組合せに関係してくるということです。
 試合につきましては、課題が多く残る内容でした。細かな部分は色々とありますが、一番の課題は、『闘う姿勢』が『チームとして』出来ていなかった事です。私は、サッカーのみならず、チームスポーツの基本はそこに在ると思っています。それが出来ていないのですから、どんなに頑張っているつもりでも『チームとして』闘う相手には試合にはなりません。
 1年生ももう間もなく2年生に進級します。もう少し頑張ってもらいたいです。
 
 2試合目に2年生同士で練習試合を行いました。結果は、5(2-1)(3-0)1で勝ちました。1試合目とは打って変わって、気持ちが溢れ出た非常に良い雰囲気で試合をしていました。さすがは2年生だと感じさせられました。結果よりも、私は内容を評価しました。今日は2つテーマを与えました。攻撃面で1つと守備面で1つ。守備面の方は、意識的に取り組のでいた事が伺え、普段よりかは若干改善されていましたが、私の期待している水準にはまだまだ遠いレベルでした。攻撃面の方は、良かったと思います。その流れの中で得点まで続いた場面もありましたのでこれを今後に繫げていってもらいたいと思います。
 これより、しばらく練習試合や公式戦はなくなりますが、今後もこれまでと変わらない温かいご声援をどうぞ宜しくお願い致します。
顧  問

<u18リーグ昇格決定戦結果>
 
2月7日(土)本校グラウンドにて行われました松伏高校とのu18リーグ昇格を決める試合ですが、9(3-0)(6-0)0で勝利しました。この結果、来年度のu18リーグは東部支部E2リーグ(支部2部)へ昇格する事が決まりました。一昨年度は、人数不足により不参加、昨年度は3部リーグ0勝、そして今年度は3部リーグ2位。着々と力を付けてきている事が分かります。
 4月からまた長い戦いが始まりますが、次の目標は再来年度には東部1部リーグに昇格することだと生徒に話しています。特に現2年生達には3年間最後の年に大いな活躍を期待しています。
 試合の方は、全体的にはボールを保持していたような雰囲気で試合を運んでいました。幸先良く前半の早い時間に得点を重ねられた事とそこで失点をする事がなかった事がこの試合の勝因だと考えていますが、1つ違えば、相手にのまれていた場面も多々ありました。どんな状況でも、その状況に応じて試合を運べるような強さを身につけてもらいたいと試合後に話をしました。高校サッカーは80分間で決着をつけるものです。79分間うまくいっていても最後の1分間で引っ繰り返される事もあります。当然その逆も十二分にあり得ます。昨年度の全国高校サッカー選手権大会決勝戦の富山第一高校対星稜高校の試合が私の中では今も強く印象に残っています。
 それぞれの得点はどれも素晴らしい物でした。後半途中から出場した2年生FW成松俊哉(越谷新栄中出身)のハットトリックの活躍は目を見張りました。9得点の中で私が最も印象に残ったのは、2年生FW柳大輝(越谷新栄中出身)が放ったミドルシュートです。角度・距離・スピードは違えど、先月に行われた高校サッカー選手権決勝戦埼玉スタジアムでの前橋育英高校10番渡邊凌磨君のゴールを思い出させるシュートでした。
 今週は、2月11日(水)に本校グラウンドにて今度は1年生のu16リーグ順位決定戦を行います。対戦相手は越谷北高校です。皆さんの温かいご声援をどうぞ宜しくお願い致します。
                                                                        

顧  問





試合延期のお知らせ>
 1月31日(土)に本校会場にて予定されていました松伏高校との昇格決定戦ですが、グラウンドコンディション不良により延期とさせて頂きました。翌週、2月7日(土)に時間と場所はそのまま行う予定です。
 どうぞ宜しくお願い致します。
顧  問



<u18リーグ昇格決定戦のお知らせ>
 
昨年5月から始まり11月末で最終戦を迎えましたu18リーグの最終結果ですが、他校の試合も全て終了し、東部支部E3bリーグにおきまして2位という形になりました。

 従いまして、来年度のu18リーグ東部支部E2リーグへの昇格を決める試合が1月31日(土)本校会場にて松伏高校と対戦することが決まりました。先日、新人大会で敗退した悔しさをここにぶつけて欲しいと思います。是非、皆さんの温かいご声援を宜しくお願い致します。
顧  問

【u‐18リーグ昇格決定戦】

  1月31日(土) 本校会場
           10時キックオフ vs 松伏高校(E3得aリーグ2位)



<平成26年度新人大会東部支部予選3回戦の結果>
 
1月24日(土)に新人大会東部支部予選3回戦、対草加東高校戦が草加東高校にて行われました。結果は、2(1-1)(1-3)4で敗れました。越谷東高校サッカー部の県ベスト16への初挑戦は残念ながらここで幕を閉じることとなりました。同時に公式戦連続無敗記録も「7」で終わりました。
 当日は、ここ数日の雨天とグラウンド凍結と解凍により、泥んこグラウンドでの試合となりました。先週は、強風…今回は湿地…サッカーするには難しい状況の中での試合が今大会は続きました。『環境はどちらも同じ』だとよく言われますが、それでも出来る事なら良い状態のコンディションでサッカーをさせてあげたかったというのが本音です。暑かったり、寒かったり。風が強かったり、ぐちょぐちょだったり。環境の変化には滅法弱いです。ですが、雨の日に練習をしていても本校のグラウンドでは、あの様にはならないので生徒には大変良い経験になりました。足元が緩くなっても、しっかりと蹴れる、正確にコントロールできる、走れる、止まれる、そうした基礎力をもっともっと高めなければ、埼玉県で16番に入るなんて大きな声では言えないと改めて思いました。
 それでも、生徒たちは最後までよく頑張っていました。特に3失点目を喫した後の2点目を取り返したあたりでは、なんとしても勝ちたいという勝利への執念がひしひしと伝わってきました。昨年9月に新チームが発足して以来、『粘り強さ』を課題に掲げて取り組んできた面がようやく少しずつ現れてきたのではないかと思います。結果は、敗れてしまいましたが顧問としましては「次に繋がる負け」だったのではないかと思っています。漫画スラムダンクの中で山王工業の堂本監督が試合後に言った言葉の中に「負けた事があるという事が、いつか大きな財産になる」というセリフがありますが、この敗戦が次回やってきます春の総体予選に向けての大きな道標になるものと信じています。
 最後になりましたが、皆さんの日頃からの温かいご声援のお陰様で生徒たちはここまでやってこられました。目標まで道のりはまだまだ遠いですが、これからも変わらないご支援ご声援をどうぞ宜しくお願い致します。

                                                                                                                  顧  問



<平成26年度新人大会東部支部予選3回戦及4回戦のお知らせ>

 下記の日程により新人大会の試合が行われますので、皆様の温かいご声援をどうぞ宜しくお願い致します。また、今大会の上位5チームが関東大会県予選に、上位2チームが新人大会県大会へと出場します。
顧  問

  3回戦
  1月24日(土) 10時kickoff 対 草加東高校 @草加東G
  この試合に勝てれば、翌日試合
  
  
準々決勝(4回戦)
  1月25日(日) 14時kickoff 対 不動岡高校と蓮田松韻高校
                              の勝者 @八潮G




<平成26年度新人大会東部支部予選>
 
新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。
 つい先日、県内公立高校倍率一覧が発表されましたが、高校3年間サッカーだけに打ち込みたいという中学3年生、是非お待ちしています。
 1月18日(日)に新人大会東部支部予選2回戦が八潮高校にて行われました。対戦相手は、庄和高校でした。ゴールからゴールへと強風が吹く中での難しい試合となりました。チームの目標として掲げた県大会ベスト16への1回目のチャレンジの始まりです。
 公式戦は、11月末のu-18リーグ以来でしたので生徒の中には緊張や不安を抱えていた者もいましたが、声を掛け合い最後までよく戦っていました。試合は、2(2-0)(0-2)2の同点で延長戦でも決着がつかずにPK戦の結果、6-5で勝ちました。
 最後に生徒達に話をしましたが、この日の試合は「勝ててよかった」という一言の試合でした。反省するところばかりが目立つ内容でしたので、次の試合では改善して自分たちの目指すサッカーを少しでも実現できるように練習したいと思います。
 
 3回戦は、1月24日(土)10時キックオフ vs草加東高校@草加東G です。みなさんの温かいご声援をどうぞ宜しくお願い致します。
顧  問




<ウィンターカップ1日目>
 12月28日よりウィンターカップが開催されました。今年は交流戦リーグの方で2日間参加させてもらいます。本校会場には、県立柏南高校、越谷西高校BチームとCチーム、久喜北陽高校Bチームが来校して5チームにて試合を重ねています。本日行われた5試合の結果は以下の通りです。
   越 谷 東(0-0)越 谷 西B ※越谷東は、2年生メンバー
   柏    南(7-0)久喜北陽B
   越 谷 東(0-3)越 谷 西C ※越谷東は、1年生メンバー
   柏    南(1-1)越 谷 西B
   久喜北陽B(0-0)越 谷 西C
 明日は、天候が心配されますが年内最後の試合となります。2年生も1年生も、来年に繋がる良い試合を明日も期待しています。

顧    問




<冬休み中の予定及び新人大会日程>
 12月24日(水)に終業式を行いました。生徒は明日から2週間ほどの冬休みに入ります。全国大会に出場する学校はこれからが気の抜けない時期になりますが、本校は1月から行われます新人戦に向けての準備期間となります。今年1年間の締め括りと来年に向けての課題発掘を最後の1週間の中では取り組ませていきたいと考えています。
 冬休み中は、下記の日程で活動を行う予定です。先日、中学生の保護者の方から練習見学のお問い合わせを頂きました。事前に連絡等をして頂かなくても下記の予定をご覧頂きましてご都合のよろしい時にお訪ね頂いて構いません。まだ、進路先が確定されていないお子さんがいましたら、受験を間近に控えたお子さんとご一緒に是非1度いらしてみてください。部員は、わずか28名ですが、県大会ベスト16を目標に一生懸命頑張っています。
顧      問

【冬休み中の予定】
12月25日 9時練習(本校G)
12月26日 9時練習(本校G)
12月27日 9時練習(本校G)※学年対抗紅白戦の予定
12月28日 ウィンターカップ(本校G)①9:00vs越谷西B②11:40vs越谷西C
12月29日 ウィンターカップ(本校G)①9:00vs久喜北陽B②11:00vs柏南
12月30日 大掃除・グラウンド整備
平成27年
 1月 5日 9時練習(本校G)
 1月 6日 9時練習(本校G)
 1月 7日 9時練習(本校G)
 1月 8日 始業式
【新人大会】 初戦
 1月18日 12:00vs庄和高校(八潮G)



大会&u-18リーグの結果>
 
11月29日(土)に三郷工業技術高校にて行われました東部支部大会第3戦の三郷工業技術高校との試合ですが、1(0-0)(1-0)0で勝ちました。相手は、この試合の勝敗によって2位以上になれるかが決まる重要な試合でしたので、前半は我慢する事が多くなるだろうが、それを耐え凌いで後半を迎えたい。と話をして挑みました。始まってみると、読み通りの展開となりました。試合開始から相手はエンジン全開で攻守においてトップギアで仕掛けてきました。こちらも相手のそうした前掛かりの部分を突いて攻撃を仕掛けて行きました。それでも、やはり相手の勢いの方が優勢で、球際の部分やルーズボールに対しての部分では、悉く相手の方が先にボールに触っていました。前半は互いに一進一退の展開でした。ハーフタイムには、そうした鬩ぎ合いの部分で相手に負けないようボールに触れる直前の最後の一歩までボールに近寄る事を強調しました。また、グラウンドコンディションを考えてなるべく相手コートでボールを持つ時間を増やしなさいという事も指示しました。実は、この日、数日前の雨の影響でグラウンドがまだぬかるんでいました。ですが、ハーフラインを境に『良いコート』と『悪いコート』とはっきりと分かれていました。なので、キャプテンには前半は『悪いコート』で守備を頑張り、後半は『良いコート』で守備を楽にしようと伝えてありました。相手側に立つと前半は『悪いコート』で攻め辛く、後半は『良いコート』で攻めやすいという形となります。つまり、力のある前半のうちに相手チームにはグラウンドが悪い方で余計な体力を消耗させて、後半は攻撃がグラウンドが良い方でも疲れから来るミスを計算に入れてという目論見でした。こちらは、翌日も公式戦が控えている事、この試合前半を耐えて後半に勝機を見出す事を考えて、後ろの選手たちが後半に少しでも楽な状態でプレーできるようにという観点からの監督の作戦でした。この試合、前半後半ともに失点になりそうな危ない場面が何度かありましたが、相手のミスにも救われなんとか失点0で戦い続けられた事がとても大きかったです。後半15分にゴール手前25mの位置で2年生FWの柳大輝(越谷進栄中出身)の直接FKが壁に当たってコースが変わりそのままゴールに吸い込まれて行きました。その後は、こちらのペースで試合が運べていました。中でも、今u-16リーグで活躍を見せている1年生FWの3人、岡本拓也(越谷進栄中出身)、山本舜(春日部中野中出身)、守屋研杜(越谷進栄中出身)が更に攻撃にスピードと勢いを生み出していて、2年生と1年生とが融合した新たな力が垣間見られました。これで、東部支部大会グループEを3戦3勝とし、1位で終える事ができました。
 翌11月30日(日)に宮代高校にて行われましたu-18リーグ最終節の草加高校との試合は、3(0-0)(3-0)0で勝ちました。前日に引き続いての連戦でした。前日の試合でFW1人が負傷、MFの1人が夜から発熱(インフルエンザだった事が判明)という事で、連戦に加えてメンバーの入れ替えという状況となりましたが、この試合で5月から始まったリーグ戦が終わる事、このリーグ戦の最大の目標は、1位で終えて来年度は東部支部2部リーグで闘えるようにする事、今日勝って最終成績を勝ち越して終えたい事を話しました。
 試合が始まってみると、思ったよりも相手はそこまでプレスを掛けて来てはいませんでした。ですから、余裕を持ってポゼッションできる状況でしたが、細かい部分でパスや受け手と出し手のタイミングがずれていてり、単純なコントロールなどのミスが多く、良い形でシュートまでボールを運ぶ事はできていませんでした。なかなか攻撃のリズムを作り出せない中でも、守備では2年生DFの関口諄(越谷大相模中出身)が中心となり相手のサイド攻撃をなんとか防いで前半を終えました。後半は、もう少しボールを動かすテンポを上げる事と、特にFWの選手の動き出すタイミングを早くするようにという事、そして、守備への切り替えをもっと早くすることを指摘しました。後半は、最初の方こそボールが落ち着かなかったものの、前日の試合に引き続き、この試合でもスタートから出場していた1年生FWの山本舜(春日部中野中出身)が相手DF2人を連続股抜きでかわして、そのまま30mのミドルシュートをゴールネットに突き刺してからは、ほぼこちらのリズムで試合を運ぶ事が出来ていました。2点目は、試合直前に指示した通りに2年生FWの柳大輝(越谷進栄中出身)が巧みに2列目から相手DFラインの背後へ抜け出し、そのままGKと1対1となり2試合連続のゴール。試合終了5分前にはバイタルエリアでのパス交換から1年生FWの守屋研杜(越谷進栄中出身)がシュートし、こぼれたボールを本来のFWから急遽ボランチとして1試合チームを牽引し続けたキャプテンの2年生守屋宏紀(越谷進栄中出身)が押し込んで3点目。これで、この試合を3-0で勝ちましたのでu-18リーグを通算成績4勝2敗2分で終える事ができました。まだ、他の学校で未消化試合が残っている都合で最終順位が出ていませんが、試合を重ねる毎に彼らの成長が見て取れるリーグであった事は間違いありません。
 夏の選手権予選を終えてからちょうど3ヶ月が経過しましたが、掲げた2つの課題。①チームとして粘り強さ(タフさ)をつけること②個人の課題を上達させること(個人のベースアップ)。今日の試合では、どちらも見て取れる内容でした。特に①のチームの粘り強さという点では、夏の時期の彼らとはもうすっかり変わっています。自分達で精神状態を把握しコントロールしようという面が出来てきました。こらからが始まりです。ようやくスタートラインに立てました。目指しているのは埼玉県でベスト8に残れる力。彼らにとって、ここで出来る事が良しではないのです。ひとつ階段を上がったら、また次の階段を上がればいいのです。
 最後になりましたが、ここ数試合、毎回試合を見に来て下さっている方々がいらっしゃいました。生徒に代わって感謝申し上げます。本当にありがとうございます。会場では、ご挨拶もせず大変失礼な態度を取り、申し訳なく思っております。何分試合や生徒の観察で頭がいっぱいでまだまだ周囲に気を配れる程、余裕が持てないのが本当のところです。どうかご理解を頂ければ幸いです。ですが、生徒にとってはとても励みになります。頑張るエネルギーに変わります。どうぞ、この先もこれまで同様に温かいご声援を宜しくお願い致します。

顧    問





<u-18&u-16リーグの結果>
 
11月23日(日)に本校グラウンドにて行われましたu-18リーグ第7節宮代高校との試合ですが、0(0-1)(0-2)3で敗れました。この日は、午後にu-16リーグが控えていたので2年生のみのチームで闘いに挑みました。試合は、前半終了間際に思わぬPKで失点を許し追いかける形となりましたが、終始チャンスメイクは出来ていました。惜しい決定機も何度も作りだすことに成功してていましたが、今日の試合はいつもと何か違い、攻撃のリズムがいまいち良くなく、得点もなかなか決めきれませんでした。後半立ち上がりにFKのリスタートから2失点目、自陣でのビルドアップのミスから3失点目を喫して終わりました。
u-16リーグ最終節の庄和高校との試合の方は、1(0-1)(1-0)1で引き分けに終わりました。庄和高校は、このリーグでは1敗のみで首位でした。ここ数試合、1年生もようやく少し声が出せるようになり、見ていて成長していると感じられる部分が増えてきました。つい先日気がついた事ですが、この1年生チームはリーグ最少失点でした。顧問としては、攻撃が武器のチームだと感じていましたが、実はその反対だったようです。このチークは、守備が最大の攻撃だったようです。試合の方は、前半終盤にDFラインのマークミスから失点を許し、2年生同様追いかける形となりましたが、後半終了直前にFW鯨井浩輔(さいたま尾間木中出身)がひとりでドリブルで持ち込みそのままサイドネットへと蹴りこみ同点としました。u-16リーグの方は、最終的にリーグ5位で終わりました。
 来週末には、東部大会最終戦とu-18リーグ最終節の2試合が控えています。特にu-18リーグは順位が決まる大切な試合となりますので是非、皆さんの温かいご声援を宜しくお願い致します。
顧   問




大会&u-16リーグの結果>
 
10月26日(日)に本校で行われました越谷南高校との市民大会の結果は、1(1-0)(0-2)2で敗れました。今、チームとして取り組んでいる攻め方は少しずつ良い方向へ向かっている様子が試合の中で伺えました。後半こそ運動量が激減して前半のようなパスワークが見られなくなってしまいましたが、前半はある程度練習のイメージ通りに攻めることが出来ました。反面、守り方に関してはまだまだ意識が足りないようです。自分たちの良さを存分に発揮するためにももっと守り方の意識を高めて行きたいと思いました。また、負傷者が数名いてメンバーが違った中での試合となりましたが、代わって入った選手がよりチームに勢いをもたらせられるようなチームを目指したいです。
 午後に行われましたu-16リーグ第6節vs草加東高校との試合は、1(0-0)(1-1)1の引き分けでした。前半からサイドを起点にしながら何度も決定的な場面を作り出してましたが、なかなか得点することができずに後半を迎えました。後半は、先に得点を挙げることに成功しましたが、その直後にすぐ追いつかれてしまい同点で終わりました。『集中力』という点では、まだまだ中学生レベルのようです。以前にも似たような試合がありましたが、勝ち点を重ねるにはとても惜しい試合でした。けれど、生徒にはいつも話していますが、今は結果にこだわった試合内容よりも、日頃練習で取り組んでいる課題が克服できたのかどうかが大切です。1年生も前に進み出している部分と、だからこそ見えてきた新たな課題とが見つかった試合でした。
 次の試合は、11月3日(月)に東部大会の初戦があります。会場は、三郷工業技術高校にて13時から、対戦相手は白岡高校です。白岡高校と言えば、1年生が前前節に勝利した相手です。1年&2年とでアベック勝利を目指したいと思います。…今の時代はアベックは死語でしょうか。
顧   問


<東部支部大会の日程が決まりました>
 
先週中間考査が終了して、活動が再開しました。その間に10月25日より始まる東部支部大会の日程が決まりましたのでお知らせ致します。支部大会は、来年1月より始まる新人戦支部予選のシード決めの大会となり、リーグ上位2チームがシードを獲得できます。
 併せて、残りのリーグ戦日程も載せますので、どうぞ温かいご声援を宜しくお願い致します。
顧  問
 10月26日(日)越谷市民大会 vs 越谷南高校1年生 @越谷東 10:00
          u-16リーグ    vs 草加東高校     @越谷東 12:00
 11月 3日(月)東部支部大会 vs 白 岡高校     @三工技 13:00
 11月 8日(土)u-16リーグ    vs 久喜北陽高校   @越谷東 10:00
 11月15日(土)東部支部大会 vs 吉川美南高校   @越ヶ谷 13:00
 11月23日(日)u-18リーグ    vs 宮 代高校     @越谷東  9:30
 11月29日(土)東部支部大会 vs 三工技高校     @三工技 10:00
 11月30日(日)u-18リーグ    vs 草 加高校     @宮 代 12:00

☆11月1日(土)、11月2日(日)、11月9日(日)、11月16日(日)は全国高校サッカー選手権埼玉県予選準々決勝以降が実施されています。詳細は、埼玉県サッカー協会のHPよりご覧ください。




<u-16リーグ結果 10/4(土)>
 
10月4日(土)本校グラウンドにて行われましたu-16リーグ第5節vs白岡高校との試合は、5(2-0)(3-0)0で勝ちました。今週も14人が揃って練習する事が1日も無く試合に臨みました。ですが、前日の練習では今まで課題であった”しゃべること”が少し出来るようになってきていました。
 試合はスコアの通りこちらが優勢に進められた試合でした。危ない場面もほとんどなく終始相手コートでほぼ試合をしていました。その中でも、FW岡本拓也(越谷新栄中出身)がDFライン背後への鋭い飛びだしでGKと1対1になり前半に2得点、同じくFW山本舜(春日部中野中出身)が2アシストと自らも1得点を挙げ、そして後半から出場のSB冨樫寛斗(越谷新栄中出身)が自らドリブルで持ち込んで2得点という3人の活躍が目立ちました。一見個人の得点力のように聞こえますが、どの得点も今課題として取り組んでいる「関係作り」がきちんと見られた得点で素晴らしいものでした。これで5節を終了して、2勝3敗という戦績になりました。
 来週から中間考査前で練習や試合は一時中断になりますが、顧問としては右肩上がりになりかけてきた中での中断は少々残念です。応援に来て下さった皆様ありがとうございました。また、次回もどうぞよろしくお願致します。
顧   問





 



平成26年度
全国高校サッカー選手権大会埼玉県大会東部支部予選
 1回戦 対春日部共栄高校 1-3 負け
埼玉県U-18リーグ東部支部E3リーグ
 開智未来高校 6-0 勝ち
 草加高校    1-1 引き分け
 草加西高校   0-1 負け
埼玉県U-16リーグ東部支部E2リーグ(1年生大会)
 不動岡高校   1-0 勝ち

  


 

新着情報