埼玉県立越谷東高等学校
           
埼玉県越谷市増林5670-1 TEL 048-966-8566 FAX 048-960-1186
 

お知らせ

第1回学校説明会受付中
下をクリックして下さい。
第1回学校説明会
 

フォトアルバム

日誌

校長日記(平成29年度)
12345
2017/07/19new

大掃除(第252話)

Tweet ThisSend to Facebook | by:主担
7月19日(水)全校生徒、全教職員の全校あげて大掃除が
行われました。大掃除の様子をお伝えします。

大掃除の仕方や、清掃用具の管理や支給は保健環境部の
先生方と美化委員会の生徒が担当し、準備を事前にやって
いてくれています。

これは、化学室にある流しの清掃です。流しの隅々まで丁寧
に清掃してくれています。

黒板消しのクリーナーの清掃です。普段なかなかできない個
所も丁寧に清掃をしてKれています。

これは、流しの排水溝のゴミ受けを丁寧に清掃してくれてい
ます。一見して、清掃しずらい個所であっても、生徒達は積
極的に取り組んでいます。

ドアのレール部分も丁寧にゴミをとり除き、スムースなドアの
開閉ができます。

普段手の届かない黒板の上部も汚れを見逃しません。

蛍光管も丁寧に清掃します。高いところなので、足場をしっか
り確保して作業を行っています。
本校の学校スローガンの②は、「東高は、美しいところ」です。
全校生徒・教職員が協働で大掃除に取り組みました。学習環
境が整っていることは、効果性の高い学習が可能となります。
全校による大掃除、大変ご苦労様でした。
10:47 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/07/17new

本の紹介「決定力」(第251話)

Tweet ThisSend to Facebook | by:主担
チップ・ハース/ダン・ハース共著「決定力」(早川書房)
とい本を紹介します。

 この「決定力」という本によると、「人は、しばしば
意思決定でミスを犯す。どうすれば、正しい選択ができ
るか?決断を下す時、誰もが陥りやすい「罠」をあきら
かにし、それを避けるためのフレームワークを紹介する」
としています。

この本によりますと、
■私たちの思考には、様々なバイアス(偏見)があるとして、
意思決定の際に注意すべき「罠」は次の4つであるとしてい
ます。
①視野の狭窄:選択肢を狭めすぎてしまう。
②確証バイアス(偏見):ある状況について直感的に信念を
抱いた後、その信念を裏付ける情報を探す。
③一時的な感情:難しい決断に直面すると、感情が揺さぶら
れ、思考が堂々巡りし、目の前が見えなくなる。
④自信過剰:自分の予測を過信する。
■4つの罠を乗り越え、賢明な選択を下すには、次の「WRAP
プロセス」を使うと良いとしています。
①W:選択肢を広げる:「①視野の狭窄」に陥らないためには、
選択肢を広げることである。例えば「今考えている選択肢がど
れも選べないとすると、他に何ができるか?」と考えたり、自
分と同じ問題を解決した人見つけたりする。
②R:仮説の現実性を確かめる:「②確証バイアス」を克服する
には、反対意見を探したり、小さな実験を行なって自分の仮説を
検証したりする。
③A:決断の前に距離をおく:「③一時的な感情」で選択を誤ら
ないためには、その決断について「10分後、10ヶ月後、10
年後」にどう感じているかを感じたり、核となる優先事項を明文
化したりする。
④P:誤りに備える(Pre to be Wrong)「④自信過剰」による過
ちを犯さないためには、悲劇的なシナリオとバラ色のシナリオの
2つを想定する。そして、どんな結果を生じても対応できる準備
をしておくという紹介がありました。是非皆さん参考にしてみて
ください。

07:25 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/07/15

H29越谷市中高連絡協議会の開催(第250話)

Tweet ThisSend to Facebook | by:主担
7月14日(金)越谷市役所第3庁舎において、H29年度越谷市
中高連絡協議会が開催されました。この連絡協議会は、越谷市内全
てとなる15中学校の校長先生方と市内高等学校・特別支援学校・松伏
・吉川の学校など11校が一堂に会し、連絡協議会を行いました。

連絡協議会の冒頭、平成28年度における越谷市立中学を卒業した生徒
の進学状況報告がありました。それによりますと、越谷市内の高校へ
進学した市内中学生数が最も多かったのは、越谷東高校であると報告を
いただきました。市内全ての高校に進学した生徒な中で51%に相当する
生徒が越谷東高校に進学してくれました。これは大変ありがたいことで
あると感謝しております。今後も地域に根ざし、信頼される学校づくり
に専心努力してまいります。引き続き変わらぬご支援を賜りますようよ
ろしくお願いします。
08:26 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/07/13

芸術鑑賞会②(第249話)

Tweet ThisSend to Facebook | by:主担
10:30に水上図書委員長のあいさつで芸術鑑賞会が
始まりました。水上委員長からは普段聞く機会が少ない
シンフォニーを楽しんで欲しいと全校生徒に挨拶をして
くれました。最初の曲名は「ベートベン第5番交響曲
〜運命〜」から始まりました。数曲演奏の後、各楽器
の紹介がありました。第1バイオリン、第2バイオリ
ン、ビオラ、チェロ・・・各楽器の特徴がよく出る曲
を演奏しながらの楽器紹介でした。特に、パーカッ
ション担当の演奏者がとてもユーモラスに楽器を紹介
してくれたことが生徒諸君の興味を引き寄せてくれました。

休憩後、本校の吹奏楽部がプロの演奏者の間に入り
「マイ・フェア・レディ」メドレーを演奏してくれました。
約半月前ほど、東京サロンシンフォニーオケストラの指揮
者の方が来校し、レッスンをしてくれたそうです。吹奏楽
の部員は、生き生きとプロの演奏者の間にはいり存分に力
を発揮してくれ、素晴らしい演奏でした。
終わりに、尾本図書副委員長から丁寧なお礼の言葉があり、
指揮者の方に花束を贈呈しました。どの曲も一度は耳にし
た曲で、重厚感ある卓越した演奏技術で館内を魅了してく
れました。本日は大変充実した芸術鑑賞かでありました。
図書視聴覚部の先生方・図書委員会の生徒のみなさん、あ
りがとうございました。
15:12 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2017/07/13

芸術鑑賞会①(第248話)

Tweet ThisSend to Facebook | by:主担
7月13日(木)越谷サンシティの大ホールにおいて、
芸術鑑賞会が行われました。今回は「東京サロンシン
フォニーオーケストラ」の皆さんによる、芸術鑑賞会です。

東京サロンシンフォニーオーケストラのHPのコメント
を紹介します。

〜「生でないと感じられない音」感性豊かな今、それ
を体感して欲しい。先生方、そしてオーケストラの想
いを形にします。志を共にした一流プレーヤーが集い、
青少年向けに特化して編成されたプログラムです。創
立より50年。様々な学校からご支援をいただいてお
ります。〜

本日は、本校吹奏楽部も共演します。素晴らしい芸術
鑑賞会となることでしょう。また報告します。
09:02 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
12345

新着情報