埼玉県立越谷東高等学校
           
埼玉県越谷市増林5670-1 TEL 048-966-8566 FAX 048-960-1186
 

フォトアルバム

日誌

校長日記(平成29年度)
12345
2017/06/23new

弓道部快挙!インターハイ出場決定(続報)(第240話)

Tweet ThisSend to Facebook | by:主担
インターハイ出場を決めた弓道部3年の鈴木隆介君は、
越谷市立大袋中学校出身です。

中学校時代の部活動はバスケットボール部に所属し、
センターやフォワードで活躍していたそうです。
弓道は、越谷東高校に入学してから始めたそうです。
今回のインターハイ予選では、男子団体として出場し、
1次予選、2次予選を通過し、県上位10校に入り、
3次予選に駒を進めました。団体は3名1チームで編成
されます。競技開始当初、弓をはずす場面もあったそう
ですが、チームの仲間とのこれまでの信頼関係や、多く
の方の声援を励みとして競技が進められました。

そして、24射中21中という素晴らしい成果を収めま
した。この時点で、上位3名が同率の成績だったそうで
す。そしてこの三人によるインターハイ代表決定戦が行
われ、見事に2位を飾りました。県内2位までがインタ
ーハイ出場ができるそうです。本当に素晴らしい結果で
ありました。インターハイは8月1日に個人戦が行われ
ます。会場は宮城県仙台市のカメイアリーナです。映え
あるインターハイ出場です。ぜひ平常心で、これまでの
鍛錬の成果を存分に発揮してもらいたいと思います。
全校生徒で応援しています。健闘を祈ります。
09:26 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/06/18new

PTA後援会第1回理事会(第239話)

Tweet ThisSend to Facebook | by:主担
6月17日(土)10:00〜PTA後援会第1回理事会が
行われました。PTAスローガン『お父さん、お母さん、
出番です!」のもと、多くの理事の皆さんにお集まり
いただきました。

後藤後援会長、植竹PTA会長から理事会に先立ってご挨拶
をいただきました。

その後、昨年度事業報告や本年度の事業報告の後、若菜祭
に向けた文化委員さんからPTA活動の概要について説明が
ありました。

そして、最後に埼玉県高P連事務局から、後藤後援会長に
感謝状が届き、植竹PTA会長から表彰していただきました。
後藤後援会長には、昨年来PTA組織をまとめ、PTA活動の発展や
活性化に多大なるご尽力をいただきました。今後とも高所
大所からご支援賜りますようよろしくお願いします。

理事会後は、各委員会に分かれて、それぞれ活動計画などの
確認の会議をしていただきました。今年度も各委員会が活発
に活動され、「お父さん、お母さん、出番です!」のPTAス
ローガンのもとご尽力賜りますようよろしくお願いいたします。
18:57 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/06/17

弓道部快挙!インターハイ出場決定!(第238話)

Tweet ThisSend to Facebook | by:主担
6月17日(土)大宮公園弓道場において、弓道のインターハイ3次予選
が行われました。


その結果、個人において3年2組の鈴木隆介君が見事に第2位を獲得し、
インターハイ出場が決定しました。記録は24射中21中という大変素
晴らしい成績でありました。弓道のインターハイは、8月宮城県仙台市
で開催されます。


カヌー部とともに弓道部もインターハイの出場となりました。本当におめ
でとうございます。まずは、皆さんに素晴らしい結果をお伝えし、詳しい
情報については後日、続報という形でおしらせします。あっぱれ❗️

18:20 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/06/16

本の紹介「さあ、才能に目覚めよう」(第237話)

Tweet ThisSend to Facebook | by:主担
トム・ラス著、日本経済新聞出版社の「さあ、才能に目覚めよう」
という本を紹介します。

人は、それぞれの人が持っている「強み」によってのみ何かを成し
遂げることができるといっています。膨大な調査データを基に、人の
持つ資質を34に分類し、それらの強みの生かし方を解説しています。

①多くの場合、自分の才能を伸ばすことにエネルギーを注げば、
飛躍的な成長がとげられる。ですが、ほとんどの人は自分の「強み」
を知らず、得意とすることに専念する機会もない現状が多い。
②人が生まれ持った才能は、34の資質に分類できるそうです。「強み」
を生かすには、まず自分の資質を見極める必要があるといっています。
③人にはそれぞれ「強み」といわれる資質があります。いくつか例を紹介
します。
A:アレンジ:複雑な状況に直面しても、柔軟性を発揮し、人材や資源な
どの適材適所の配置を考えられる能力。チームの立ち上げや、大きな
イベントの運営で力を発揮することができる。
B:個別化:個々の違いに注目し、人の強みを鋭く観察する。その資質
を発揮して仕事に就く。
C:最上志向:平均以上の強みを、最高のものへと高めることに魅力を
感じる。人の成功を助ける仕事ができ、人に利益をもたらすことができる。
D:目標志向:明確な行先を必要とし、常に目標を設定する。優先順位を
決めたり、、脇道にそれた人を本筋に戻したりするなど、集団において重
要な役割を果たす。
紹介した資質は一部でありますが、自分の「強み」が理解できたならば
素晴らしいことですね。自分を客観的に見つめることで、自分が見えてく
ることがあります。それを「自覚」と呼んでいます。この「自覚」から自らの
「強み」につながる資質を発見してください。この「強み」は親や先生など
から、導き出される場合もあります。また、積極的に「自覚」から、自分の
「強み」を発見できる場合もあります。この「強み」をもって、夢や希望をと
もに実現できるよう取り組んでみましょう。
10:17 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2017/06/13

英語進学朝補習(第236話)

Tweet ThisSend to Facebook | by:主担
毎週火曜日の朝7時45分から、3F西教室において2学年
を対象とした、英語の進学補習を行っています。前回、紹介
しましたがその続報です。

教材は、「パイレーツ・オブ・カリビアン」の英文の小冊子です。
担当は、英語科の小林先生です。補習の進め方は、生徒がテ
キストの英文を音読し、和訳をしていきます。そこに、小林先生
が板書で丁寧に図などの解説を交え、説明していきます。

予習をしてきた生徒は、小林先生の解説で英文の理解を深め
ていきます。レベル的にも高く、また高度な内容に挑戦して
います。生徒の取り組む姿勢は真剣そのものです。

通常の英語の授業とは異なり、語彙力も増え、実践的な生き
た英語の補習であります。興味のある人は、ぜひ小林先生
に尋ねてみましょう。
15:42 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345

新着情報